Ome Blue

青梅の歴史と伝統が織りなすOme Blue

かつて、江戸で人気を誇りまちを藍色ブルーに染めた織物、それはこの地で織られた「青梅縞」でした。 染め重ねるごとに深みを増していく藍色ブルー 織物、酒造、寺社、芸術、食… 豊かな自然の中、歴史と文化を織り重ねてきた青梅。

Ome Blueの青(Blue)は、青梅縞の「藍色」、青空、渓流、若葉、青果等の「青色」、 そして何より梅の「」を表しています。 この地で生まれ育った人々の歴史や伝統、文化を織り重ね、 現在、そして未来の青梅へつないで行く、というメッセージも託されています。

地域のみんなで Ome Blue を盛り上げよう

「Ome Blue(青梅ブルー)」は、青梅に住み、働き、活動するすべての方々が、 それぞれの立場の自由な発想で参加可能な、地域プロモーションの取組*です。
みなさんの生活や事業の中に、さりげなく「Blue(青)」や「ロゴ」を取り入れて、 一緒にこの取組を盛り上げましょう。

*地域にお住いの皆さんも一体となって、その地域を愛し、地域の持つ資源・魅力などを発信していくことで、地域を盛り上げ、観光振興、地域活性化などにつなげる活動です。

取組の狙い

青梅を訪れる観光客の方々にまちの至る所で「Ome Blue」を体感して頂くことで、青梅の場所、景色、製品などのファンやリピーターになってもらえれば、という想いを込めた取組です。


参加方法

この「Ome Blue」を用いた取組への参加にあたっては、申込・申請などの手続きは必要ありません。

ロゴマークご利用の場合は、Ome Blueのウェブサイトより『ロゴマーク使用規定』『ロゴマーク使用ガイドライン』を確認し、データをダウンロードください。

参加のルール

参加にあたっては、以下のルールをお守りください。詳細は、使用規程をご確認ください。

  • 青梅市の信用または品位を害さない
  • 来訪者・観光客の利益を害さない
  • 公序良俗に反しない

参加のアイデア

参加のアイデアの例をいくつかご紹介します。自由な発想で、ご参加ください!

  • 観光事業者

    看板への取り込み(青でデザイン、ロゴの取り入れ)、各スポットに歴史や文化との関わりの説明など

  • 交通事業者

    駅前の看板やバス停への取り込み(青でデザイン、ロゴの取り入れ)など

  • 商店

    お土産、ラベル、パッケージ、のれん、のぼりへの取り込みなど

  • 旅館

    浴衣、タオル、巾着などのアメニティ、客室、ロビーの飾り付け、食器の色の統一など

  • 飲食店

    メニュー、箸袋、箸置きへの取り込み、地元食材を使ったメニュー提供など

  • 寺社

    お守り、ご朱印帳、袈裟の色など

  • 暮らし

    服装、持ち物、表札、ポストなど

テンプレートダウンロード

Ome Blue のデザインを取り入れた名刺と箸袋のwordテンプレートをご用意しました。
オフィスや店舗のプリンターでグッズを作成する際に、ご活用ください。

青梅市観光ガイド
Ome City Sightseeing Guide

青梅市内の「Ome Blue」に関する魅力・観光情報をご紹介するパンフレットです。 ダウンロードしてご覧ください。